安く買える理由|通販で安く買えるジェネリック!ハートガードプラスについて

通販で安く買えるジェネリック!ハートガードプラスについて

瓶から出ている薬

安く買える理由

カプセルと錠剤

「ジェネリックは安い」
このことは、多くの人が知っていることだと思います。「ジェネリック(Generic)」とは「一般的」という意味ですが、「ジェネリック医薬品」とは、要するにひとつの製薬会社のみが作るのではなく、いろんな製薬会社が作れるようになった、つまり一般化された薬、という意味なのです。
フィラリア予防薬の世界でも、かつてはイベルメクチン、パモ酸ピランテルを配合した薬としてはカルドメックしか存在しなかったわけですが、今ではいろんな製薬会社がこれらの成分を使って薬を作っています。通販で注文することができるハートガードプラスも、そのようにして新しく生まれた薬のひとつなのです。

ところで、あとからカルドメックと同じ成分を使って薬を作る製薬会社は、そもそも成分を研究開発するための手間やコストをまるまる省くことができます。
もうすでに存在する成分を使って作るわけですから、その分、お金をかけずに生み出すことができるのです。
そういうこともあって、ハートガードプラスはお金をかけずに作ることができ、通販で販売する際も安く販売できる、そういう仕組みがあるのです。
ジェネリック医薬品の中には、もちろん病院で処方してもらうことができるものもありますが、残念なことにハートガードプラスは、今のところ日本ではジェネリック医薬品として未認可の状態にあります。外国では普通に使われているジェネリック医薬品が日本では未認可……というケースは少なくないのですが、ハートガードプラスもそんな例のひとつなのです。というわけで、通販で外国から取り寄せるという購入方法になるわけです。
しかしハートガードプラスはもともと安い薬なので、通販でかかるもろもろのお金を割り引いても、かなりやすく手に入れることができます。